OdaMaki農園における節減対象農薬の使用状況

   特別栽培農産物に係わる表示ガイドライン 

         (2021~2022年シーズン)

※奈良県の慣行レベル(一般的な栽培)の農薬使用回数は51回(ランナーカット7月下旬~翌年収量終了まで)です

※OdaMaki農園では農薬の使用回数をその半分の25回以下に削減しています

使用資材名(有効成分) 用途 使用回数
シエノピラフェン 殺菌 1回
キノキサリン 殺菌 1回
プロピネブ 殺虫 1回
アバメクチン 殺虫

1回

フロニカミド 殺虫 1回
ピリダベン 殺虫 1回
トルフェンピラド 殺虫 1回
エマメクチン安息香酸塩 殺虫 1回

シアントラニリプロール

ペンピラジフルミド

ピラジフルミド

フロニカミド

ピリオフェノン

殺虫

殺菌

殺菌

殺虫

殺菌

1回

1回

1回

1回

1回

合計

13回

農林水産省新ガイドラインによる表示
    特別栽培いちご

節減対象農薬:奈良県地域比5割減

化学肥料(窒素成分):奈良県地域比9割減

栽培責任者:畠中康行

住所:奈良県桜井市箸中129

連絡先:090-8659-3947

確認責任者:森馬淳

inserted by FC2 system